BLOGブログ
BLOG

東京で引越する際のおすすめの見積り時期

2018/11/19
ロゴ

こんにちは!

たかくら引越センターの安藤です!


本日は墨田区のHさんのお引越しをさせていただきました。

 

この時期は紅葉がきれいで気持ちがいいですね^^

さて、今回はお見積り方法についてお話します。引越し業者を利用する場合、引越し業者を選ぶ際に今回の引越し全体の良し悪しが決まります。
各社のサービス内容をよく理解して引越し業者を選択し、引越し当日に備えたいですね!
 
余裕を持つためにも引越しの見積もりは早めに
まず引越しの見積もりを取る時期ですが、基本的には引越しの日から起算して1ヵ月~2週間前がベストです。引越しできる日、新居の鍵渡しの日が決まった時点で、できるだけ早く引越しの見積もりを取りましょう。また、具体的に決まっていなくてもあれ程度時期がわかればご案内が可能です。見積もりを取って引越し業者を決めた日から引越し当日までが荷造りなどの引越しの準備期間となります。この引越しの準備期間に余裕を持つためにも引越しの見積もりは早めに取りましょう!

 

引越しの見積もりだからって部屋の中を片付ける必要なし
見積りに来る引越し業者の営業さんは、通常の生活空間を頭の中で荷造りしてトラックの大きさを測っています。

「引越し前だから散らかっていて当然!」とも、考えていますから部屋を片付ける必要はないのです。よく訪問見積もりの際に半ば荷造りを始めている方がいます。はっきり言って荷造りを始めるのは引越し業者が決まって、ダンボールを貰ってからで遅くありません。

各引越し業者によって荷造りの仕方の指示に違いがあります。タンスの中の衣類を全て出して、ダンボールに詰めるように指示してくる引越し業者もあれば、「タンスの中の衣類はそのままで」という引越し業者もあります。荷造りの仕方によってはせっかくダンボールに詰めたのに詰めなおしなんてこともあるのです・・・

時間に余裕があるのなら、捨てるものは見積もりの日までに捨てておいたほうが正確で安い見積もりが出るでしょう。

 


インターネットに、よくある「一括見積もり」

引越しの一括見積もりは電話攻撃の的になることも・・・何かと便利そうな気がしますが、実際には「申し込んだらすぐに多数の引越し業者から電話が来て困った」という話を聞きます。


通常、誰がいつ引っ越すかなんて、引っ越す本人と不動産屋さんくらいしか知りません。その情報をインターネットに流すわけですから、多くの引越し業者が電話したくなるのは無理もない話です。

一括見積もりを利用する際に連絡が取れる時間帯を指定するなどしておけば、ある程度効果があります。たかくら引越センターへは電話、メールで直接ご連絡をお願い致します。


お引越しはたかくら引越センターへ!
合言葉は「引越はおもしろい!」

 

たかくら引越センター
TEL 0120-37-4514
FAX0422-26-8521
E-mail:kouki@tmc4514.com
〒181-0004 東京都三鷹市新川5-3-1